---ARCODIO ひと言に『生地』と言っても、実際どのように作られるのか一般的に、あまり知られていないと思いますが、まずはどのように作るのでしょうか。

---篠倉 まずはどんな生地を作りたいかイメージする事です。生地と言っても、『布帛』『ジャージー』等の種類がありますが、私の場合は、シャツ生地をメインで作ってきましたので、『布帛』になります。その『布帛』生地は縦糸と横糸を交互に織って一枚の生地に仕上げます。その縦糸と、横糸のそれぞれの本数をこの業界では『打ち込み本数』と言います。

また、糸の太さは『番手』で表現され、糸が細くなればなるほど、この『番手』の数値が大きくなります。50番手は、100番手の倍の太さになるって事ですね。

---ARCODIO ちょっとマニアックな話になってしまいますが、生地には『先染め』と『後染め』があると思うのですが、具体的に違いを教えてください。

---篠倉 元々の綿の色は優しく暖かみのあるアイボリーですが、シャツ生地にするには、真っ白に染める必要があります。その染め加工の工程を『糸』の段階でするか、もしくは『生地』に織りあげてから染めるかの違いです。

ARCODIOは『先染め』か『後染め』かどちらを使っているのですか?

---ARCODIO ARCODIOで使用している生地は、今現在はすべて『先染め』です。

---篠倉 生地は究極は無地だと思ていて、その究極の無地は『先染め』で作るべきと、個人的な思考があるので、ARCODIO良いですね。一般的に『風合いの良さ』は、生地の中に空気を含ませる事により生まれます。

---ARCODIO その小瓶の中は、もしかして各国の綿花ですか?

---篠倉 そうです。世界の各産地の綿花です。本当に産地によって特性や、繊維長が全然違うから、面白いですよ。有名なのは『ギザ』『新疆』『スーピマ』で、よく世界三大綿なんて言われてます。

世界三大綿の共通点は、繊維長がながい事です。綿花の繊維長が3.5㎝以上のものは超長綿と呼ばれ、これを使用しないと、ARCODIOの定番の140番手のようなハイクオリティの生地は作れません。

超長綿は、大量には採取できないので、どうしても値が張ります。しかし、超長綿でないと細番手の糸に紡績(綿花を糸に紡ぐ工程)できないので、クオリティの高いドレスシャツ生地には、大体『ギザ』『新疆』『スーピマ』の超長綿が使われている事が多いと思います。



サイズガイド
モデル:ALBERTO
Size 37 38 39 40 41 42
首回り 37.8 38.8 39.8 40.8 41.8 42.8
着丈 77 78 79 80 81 82
肩幅 43 44 45 46 47 48
バスト 101 105 109 113 117 121
ウエスト 87 91 95 99 104 109
裾幅 99 103 107 111 116 121
AH 43.8 45.3 46.8 48.3 49.8 51.3
裄丈 83 84 85 86 87 88
※裄丈-Long 86.5 87.5 89 90 90 -
袖丈 61 61.5 62 62.5 63 63.5
カフス周 20 20.5 21 21.5 21.5 22
カフス幅 7 7 7 7 7 7

単位(cm)

●首回り:
お洗濯後の縮みを考慮し、サイズ寸法+0.8cmとなっております。

●バスト・ウエスト・裾周り:
フロントボタンを閉じた状態で
シャツを平たい場所に置いた状態で片側(表面)のみ測った実寸です。

●AHとは:
アームホールをさし、身頃と袖の縫い周りになります。

●袖の長さ:
一般的にシャツは【裄丈(ゆきたけ)】の長さをみます。
※裄丈-Longは通常よりも裄丈が長い商品です。37-Longから41-Longまでご用意しております。
袖の長さ調整をご希望のお客様は、お手持ちのシャツの裄丈の長さと比較していただき、ご購入の際に【裄丈修理】でご希望寸法をご指示ください。

●シャツの測り方について
詳細は、【シャツの正しい測り方】ページをご覧ください

サイズについてご不明点がございましたら、遠慮なく【CONTACT】までお問い合わせください。

ARCODIO(アルコディオ)ではメールマガジンをご登録頂いたお客様に新作入荷や、お得なお知らせをしております。