『FORZA STYLE』編集長(講談社)/ファッションディレクター 株式会社スタイルクリニック代表取締役 干場義雅

1973年 東京生まれ。三代続くテーラーの家に生まれる。雑誌『POPEYE』で読者モデル、BEAMSで販売を経験後、出版社に勤務。

雑誌『MA-1』、『モノ・マガジン』、『エスクァイア日本版』など、数々の雑誌の編集者を経て人気ファッション誌『LEON』の創刊に参画。「モテるオヤジ」、「ちょい不良(ワル)」など一大ブームを作る。その後『OCEANS』を創刊し、副編集長兼クリエイティブディレクターとして活躍。

2012年にファッションディレクターとして独立。株式会社スタイルクリニックを創立。2013年、船旅を愛する男女誌『Sette Mari(セッテ・マーリ)』の編集長に。

FM TOKYOでは、ラジオ番組『SEIKO ASTRON presents World Cruise』のメインパーソナリティを2019年まで務める。

2015年、講談社のウェブマガジン『FORZA STYLE』編集長に就任し、現在も活躍中。

株式会社スピラーレ代表取締役 神藤光太郎

1974年 大阪生まれ。1997年イタリアに3年間留学し、帰国後イタリアブランドのエージェントとして起業。その実績を買われ、輸入代理店の取締役として18年勤務。神藤氏の審美眼により、日本市場において、超有名ブランドに成長したイタリアブランドは数知れず。

2018年、株式会社スピラーレを立ち上げ、すでに10を超えるイタリアブランドのエージェントとして活躍中。(エージェントブランド:Fin Jack、Lanberto Losani、Girelli Bruni、YCHAI、LOASC、KAMAWATCH 他多数)

KAMAWATCHは今月よりEC直販をスタートし、卸業にとどまることない活躍ぶり。KAMAWATCH日本公式サイト:https://kwatch.jp/

最近では、『FORZA STYLE』にも出演しており、趣味の釣り企画動画も好評配信中。


---神藤 干場さんと言えば白シャツのイメージが強いですよね。それ以外、着ている所をあまり見た記憶がないですけど、実際どうなんですか?

---干場 確かに、白シャツのイメージが強いかもしれませんが、正確に言うと、白シャツと、薄い水色のシャツが多いですかね。白地に細いブルーのストライプのシャツを着ることも実はあるんですが、これは白シャツに飽きた時、本当に極まれにです。

なんで白シャツを好むかというと、ビジネスでスーツを着る大人の男性にとって、一番、基本のアイテムだからです。ビジネス時に着用するシャツは、特に夏場はどうしても汗染みを気にすることも多いんですが、白シャツが一番、汗染みが目立ちにくいことに気が付いて、そこから白シャツを着る機会が、一気に増えたかもしれません。

---神藤 これは、FIDELIOって名称のセミワイドモデルです。クラシックな印象になりますよね。干場さんが着ているELMOは、襟の形がコンパクトで、僕が着ているFIDELIOよりモダンな印象になると思います。

---干場 あれ?この間お会いした時に着ていたシャツもFIDELIOでした?

---神藤 あ、実はARCODIOのシャツは何枚か持っていて、先日お会いした時は、コットンスーツだったのでELMOを着て、少しモダンなスタイリングにしました。

---干場 FIDELIOも良いですね、好きな襟型ですよ。ただ、最近着ている自分のスーツのラペルとのバランスとか、ネクタイの細さと合うのはELMOかな。今日のネクタイは7㎝幅のウールタイなんですけど、7㎝くらいのネクタイには、ELMOの方が合うと思いません?

---干場 この生地も綺麗な光沢感で良いですね・・・・

これって、ジャージー??

少し糸の打ち込みのあるブロード生地かと思っていたんですけど、ジャージーですね。この生地のシャツ着てみたくないですか?

今の時代、ビジネスの環境にも変化が起きていて、機能性が求められるようになってきたので、ジャージーシャツの需要が本当に大きくなってきていると思います。

だた、ジャージー生地は、表面が少し毛羽立っているものが多くて、真っ白に見えないことが個人的には気になって、正直あまり着ないんですけどね。

このジャージー生地は、表面が非常にクリアで、綺麗な白ですね。


---神藤 このジャージーすごい伸びますね。伸縮性より、キックバック(生地の弾性回復性)の方が実は大事で、キックバックが弱いと、一度着ただけで、生地がベロベロにだれてしまうんですよ。

この生地は、しっかりキックバックして、しかも120番手双糸のジャージーらしく、すごい光沢感もあって良いですね。

縫製が難しそうですけどね(笑)ARCODIOに頑張って作ってもらいましょうよ!

---干場 そうですね、よりビジネスマンを格好よく、そして快適に仕事ができるシャツを作ってもらいましょう。期待しています!

現在のARCODIOに点数をつけるとすると・・・もう少し実用的で、機能的な素材も増やして欲しい気もしますし・・・このジャージーシャツの仕上がりに期待を込めて97点!


サイズガイド
モデル:ALBERTO
Size 37 38 39 40 41 42
首回り 37.8 38.8 39.8 40.8 41.8 42.8
着丈 77 78 79 80 81 82
肩幅 43 44 45 46 47 48
バスト 101 105 109 113 117 121
ウエスト 87 91 95 99 104 109
裾幅 99 103 107 111 116 121
AH 43.8 45.3 46.8 48.3 49.8 51.3
裄丈 83 84 85 86 87 88
※裄丈-Long 86.5 87.5 89 90 90 -
袖丈 61 61.5 62 62.5 63 63.5
カフス周 20 20.5 21 21.5 21.5 22
カフス幅 7 7 7 7 7 7

単位(cm)

●首回り:
お洗濯後の縮みを考慮し、サイズ寸法+0.8cmとなっております。

●バスト・ウエスト・裾周り:
フロントボタンを閉じた状態で
シャツを平たい場所に置いた状態で片側(表面)のみ測った実寸です。

●AHとは:
アームホールをさし、身頃と袖の縫い周りになります。

●袖の長さ:
一般的にシャツは【裄丈(ゆきたけ)】の長さをみます。
※裄丈-Longは通常よりも裄丈が長い商品です。37-Longから41-Longまでご用意しております。
袖の長さ調整をご希望のお客様は、お手持ちのシャツの裄丈の長さと比較していただき、ご購入の際に【裄丈修理】でご希望寸法をご指示ください。

●シャツの測り方について
詳細は、【シャツの正しい測り方】ページをご覧ください

サイズについてご不明点がございましたら、遠慮なく【CONTACT】までお問い合わせください。

ARCODIO(アルコディオ)ではメールマガジンをご登録頂いたお客様に新作入荷や、お得なお知らせをしております。

干場氏&神藤氏との共同開発:120番手双糸スムースジャージーシャツの販売予告もメルマガにてご案内しますので、是非ご登録ください。